HOME > 壺屋の歴史1

壺屋の歴史

豊橋駅と共に駅弁を作り100年余り。
「稲荷寿し」を筆頭に皆さまに親しまれてきた伝統の味をまごころ込めてお届けしています。
明治21年
(1888年)
旧東海道船待ちの豊橋付近で豊川を上下する船頭旅行相手に回槽問屋と料理旅館を経営。
国鉄東海道本線開業の直前、東海道筋がさびれるのを見越して駅前へ移転進出し壺屋旅館開業。
明治22年
(1889年)
前年の豊橋駅開業に伴い、豊橋駅構内営業を承認される。
明治末期
 
この頃より稲荷寿しの販売を開始。
大正期 「壺屋旅館」から分離独立して「壺屋弁当部」創立。
店舗を花田中央町に構える。
昭和11年
(1936年)
合資会社壺屋弁当部設立。
昭和20年
(1945年)
戦災のため焼失、戦後再建する。
昭和36年
(1961年)
豊橋白河町に新社屋建築。
昭和39年
(1964年)
東海道新幹線開業に伴い、上下ホームに売店開業。
昭和39年
(1964年)
豊橋市内にドライブイン開業。
昭和42年
(1967年)
名古屋市内百貨店にすし店開業。(松坂屋、丸栄、名鉄メルサ)
昭和45年
(1970年)
豊橋ステーションビル内店舗開業。
昭和54年
(1979年)
潮騒お好みずしを開発販売。
昭和54年
(1979年)
新幹線開業15周年記念弁当を販売開始。
昭和55年
(1980年)
三河賂弁当を販売開始。
昭和56年
(1981年)
あなご寿しを販売開始。